《名詞「綱」の動詞化》

[動ガ五(四)]
    1. ㋐ひも・綱などで物を結びとめて、そこから離れたり、逃げたりしないようにする。「犬を―・ぐ」「鎖で―・ぐ」

    2. ㋑相手の気持ちなどが離れていかないようにする。「彼女の心を―・ぐために一芝居打つ」

  1. 一定の所に留め置いて外へ出さないようにする。拘禁したり、拘束したりする。「獄に―・がれる」

  1. 結びつけてひと続きのものにする。「車両を―・ぐ」

  1. 離れているもの、切れているものを続け合わせて一つにする。また、そのようにして通じるようにする。「手を―・ぐ」「電話を―・ぐ」

  1. なんとか長く、切れないようにたもたせる。たえないようにする。「望みを―・ぐ」「命を―・ぐ」「座を―・ぐ」

  1. 足跡などをたどって行方を追い求める。

    1. 「射ゆ鹿 (しし) を―・ぐ川辺のにこ草の」〈・三八七四〉

[可能]つなげる
[動ガ下二]つなげる」の文語形。
[補説]書名別項。→ツナグ

出典:青空文庫

出典:gooニュース

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。