Furkapass》スイス中部、ウリ州とバレー州の州境にある峠。標高2431メートル。ローヌ川の源流、ローヌ氷河の最奥部に位置する。かつて氷河急行で知られるフルカオーバーアルプ鉄道が通っていたが、1982年の新フルカトンネルの開通に伴い、新線に移行。1992年、車窓景観を望める旧線の一部区間で観光用の山岳鉄道が復活した。