インド南部、カルナータカ州の都市。同州の州都。デカン高原の標高約920メートルに位置する。17世紀にマイソール藩王国の都となり、19世紀に英国の直接支配により、軍事・行政の拠点が置かれた。その影響が都市整備などに残り、「インドの庭園都市」ともよばれる。20世紀に同国有数の工業都市になり、近年はIT産業の中心地として知られる。人口、都市圏430万(2001)。旧称バンガロール。