カンボジア北部にあるヒンズー教寺院の遺跡。アンコールワットの東約50キロメートルの森林に位置する。11世紀末から12世紀初頭に建立。アンコールワットに比べて小規模ながら類似する構造をもち、「東のアンコールワット」と称される。現在もほとんど修復されず、廃墟となっている。1992年、アンコールの他の遺跡とともに世界遺産(文化遺産)に登録された。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉