• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ラッサウイルスの感染によって起こる感染症。感染症予防法の1類感染症、検疫法の検疫感染症の一。1、2週間の潜伏期ののち、急に高熱が出てインフルエンザに似た症状がみられ、重症では腎不全や全身の出血傾向を呈し、死亡することが多い。1969年ナイジェリア北東部のラッサ(Lassa)村で人間への感染が報告された。国際伝染病の一。