• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

スリランカ中部の古都ポロンナルワにある仏塔。名称は「黄金の塔」を意味する。12世紀、シンハラ王朝のニッサンカ=マーラ王により建立。水の泡を模した高さ55メートル、直径55メートルの仏塔であり、ポロンナルワで最も大きい。アヌラダプーラにあるルワンウェリサーヤ大塔をモデルにしたと考えられている。