• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[副]

  1. ほかではなく、もっぱらそれによるさま。ひとえに。全く。「この成功は一に努力のたまものだ」

  1. ひとつには。また。あるいは。「中納言、一に黄門ともいう」