• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[名・形動]

  1. 目標や手段や態度を一つに絞り、終始それで押し通そうとすること。また、そのさま。「歴史小説―な(の)作家」

  1. 1本の槍。また、槍のひと突きで勝負を決めること。

    1. 「―を突きたるほどに言ひ廻れども」〈甲陽軍鑑・一一〉

  1. ただ一つの得意のわざ。

    1. 「ははあ、―ぢゃな」〈滑・浮世風呂・前〉