1. 細長い物一つ。また、電話・手紙などについてもいう。「―の便りもない」→本 (ほん) 

    1. ㋐一冊または一部の書物。

    2. ㋑ある書物。異本。別の本。「―に曰 (いわ) く」

  1. 柔道・剣道などで、完全に技が一つ決まること。柔道では投げ技のほか、押さえ込みで20秒が経過した場合、絞め技関節技で相手が「参った」と言った場合など。

  1. 3から転じて》相手をやり込めること。「これは一本取られたな」

  1. (名詞に付いて)そのことだけに、目標や態度などを絞ること。いっぽんやり。「芸―に生きる」「進学―にしぼる」

  1. それ一つだけで独立しうる状態であること。特に、一人前になった芸者。→半玉 (はんぎょく) 

  1. とっくりに入った酒。「―つける」

  1. 銭100枚をつないだ銭差 (ぜにさし) 一つ。一文銭で100文、四文銭で400文。

    1. 「―づつも取らねば勘定に合ふもんぢゃあねえ」〈黄・即席耳学問〉

  1. 同じ仲間。一味。ぐる。

    1. 「おのれが弟の伝三郎、今迄おのれら―と思ひしに」〈浄・卯月の紅葉

    2. [アクセント]138ッポン、2はイッポン

出典:gooニュース