• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

浄瑠璃世話物。三段。近松門左衛門作。宝永3年(1706)大坂竹本座初演。大坂心斎橋の古道具商笠屋の娘お亀と養子婿との心中事件を脚色したもの。続編に「卯月の潤色 (いろあげ) 」がある。