• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天皇のそば近くにいて日常の用を勤めること。

「おしなべての―し給ふべき際 (きは) にはあらざりき」〈・桐壺〉