• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 炎が表に出ないで、物の下で燃えていること。

  1. 《「した」は心の意》心の中で思い焦がれること。

    1. 「―に思ひ消えなむけぶりだにあとなき雲のはてぞ悲しき」〈新古今・恋二〉