• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

他人どうしのように情愛のないようすや態度。

「主人が見る目はばかりて、―なる折からに」〈浄・生玉心中