• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

君主の寵愛 (ちょうあい) の気まぐれなことのたとえ。衛に弥子瑕 (びしか) という少年がいて、主君から非常にかわいがられ、主君とともに果樹園に遊び、桃の食べかけを主君に献じたところが、大いに喜ばれた。しかし、その後主君の寵は薄れ、そのことを理由に罰を受けたという「韓非子」説難の故事による。