• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[枕]《上代は「しつたまき」》倭文で作った手纏きは玉製などに比べて粗末なところから、「いやしき」「数にもあらぬ」にかかる。
  • 「―数にもあらぬ命もて」〈・六七二〉