• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[枕]

  1. 「ぬばたま」のように黒い意から、「黒」「夜」「夕」「宵」「髪」などにかかる。うばたまの。むばたまの。

    1. 「―黒髪山を朝越えて」〈・一二四一〉

    2. 「―夜のふけゆけば」〈・九二五〉
  1. 夜にかかわるところから、「月」「夢」などにかかる。

    1. 「―夢 (いめ) にはもとな」〈・三九八〇〉

    2. 「―月に向かひて」〈・三九八八〉