• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[枕]ぬばたまの」の音変化。平安期以後の形。
  • 「―闇のうつつは」〈古今・恋三〉