• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

内実はいかに苦しくても、世間体は飾らなければならないことのたとえ。