《「おおよそ」の音変化》

[名・形動]
  1. 物事のだいたいのところ。大要。あらまし。「計画の凡そは承知している」「凡その見積もりを立てる」

  1. いいかげんなさま。ぞんざいなさま。

    1. 「かやうに大事の謡ひを―にしては叶 (かな) ふまじい」〈虎明狂・二千石

[副]
  1. 大まかに言って。だいたい。約。「凡そ二キロ離れている」「被害は凡そどのくらいか」

  1. そもそも。総じて。一般に。話を切りだすときに用いる。「凡そ日本人は働きすぎるきらいがある」

  1. (否定的な表現を伴って用いる)全く。全然。「これは凡そおもしろくない本だ」

出典:青空文庫