[名・形動]
  1. だいたいのところ。あらまし。「計画の―を説明する」

  1. ひととおりであること。普通。

    1. 「ひととせはいたく―にこそおもしろしと見え給ひしか」〈宇津保・楼上上〉

[副]
  1. 細部にこだわらず概略を判断するさま。だいたい。大ざっぱに。およそ。「―一〇年ぐらい前」「事情は―見当がつく」

  1. 話を切り出すときの言葉。全体的にみて。一般に。いったい。そもそも。「―国家としての独立を望まない者はいまい」

    1. 大体 (だいたい) [用法]

出典:青空文庫