[名](スル)
  1. 加えることと減らすこと。数学で、加法と減法。

  1. 適度に調節すること。程よくすること。「暖房を加減する」「加減して採点する」

  1. 物事の状態・程度。物のぐあい。「風の加減で波の音が聞こえる」「湯の加減をみる」

  1. からだのぐあい。健康状態。「お加減はいかが」「加減が悪い」

[接尾]動詞の連用形や状態を表す名詞に付く。
  1. ぐあい・程度の意を表す。「焼き加減」「塩加減」

  1. そのような傾向、そのような気味である、の意を表す。「うつむき加減」

  1. ちょうどよい程度である、の意を表す。「ちょうど食べ加減のメロン」「入り加減の湯」

出典:青空文庫