• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[ト・タル][文][形動タリ]
  1. まちまちで、まとまりがないさま。

    1. 「巷説―として一定しない」〈嶺雲・明治叛臣伝〉

  1. 価値が低いさま。取るに足りないさま。

    1. 「―たる利害のごとき、問題にはならない」〈中島敦・弟子〉

  1. 些細 (ささい) なことにこだわって、こせこせしているさま。

    1. 「大丈夫―として物を思わんやだ」〈逍遥当世書生気質

[形動][文][ナリ]1に同じ。
    1. 「これに対する世評も―で」〈寅彦・災難雑考〉