• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 太占 (ふとまに) や亀卜 (きぼく) に現れた縦横の割れ目の形。占いの結果。

    1. 「この―持って、泰親がもとへ行け」〈平家・四〉

  1. (占方)占いをすること。また、する人。

    1. 「泰成、―に引き合はせ申すやう」〈虎明狂・釣狐