• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 鳥獣の夏の毛。晩春から初夏に換毛し、秋まで存続する。⇔冬毛

  1. 鹿の夏の毛。夏の半ばを過ぎて黄色になり、白い斑点がはっきり浮き出たもの。毛皮で行縢 (むかばき) 、毛で筆を作った。