[名・形動]うらむ気持ちや、後悔する気持ちの多いこと。また、そのさま。「多情多恨」
  • 「人生は斯の如く―なり」〈透谷・明治文学管見〉

出典:青空文庫