[名・形動]

  1. きらうこと。いやだと思うこと。また、そのさま。「—な食物」「運動が—な人」⇔好き

  1. (「きらいがある」の形で用いる)好ましくない傾向。懸念。「独断の—がある」「考えすぎる—がある」

  1. (「きらいなく」の形で用いる)差別。区別。「男女の—なく入学許可する」

  1. 連歌・連句で、句の配置上、避けなければならないきまり。

  1. (「…ぎらい」の形で)名詞または他の語句に付いて、その物事をするのがいやであること、また、そのような人の意を表す。「勉強—」「食わず—」

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。