• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 気をつける。注意する。「道端の花にふと―・める」

  1. 愛着をもつ。気に入る。

    1. 「松はゆたかに竹すなほなるやうにと―・め、手をしめて教ゆるは恋の手習ひ」〈浮・御前義経記・一〉