[名](スル)《「怪我」は当て字で、動詞「けがる」の語幹からかという》
  1. あやまってからだに傷を負うこと。また、その傷。負傷

  1. 思わぬ過ち。過失損失。「慣れないことに手を出して—をする」

  1. 思いがけない事態不測の結果。

    1. 「—と申しながら、面目もござない」〈咄・きのふはけふ・上〉

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。