• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

会計監査人が監査報告書に監査意見を表明しないこと。企業の会計監査を行った際に、財務諸表に対する意見表明ができないほど、会計記録が不十分であったり、監査証拠の入手が困難な場合、監査人は、監査意見を表明しない旨を記載した報告書を提出する。これは決算書が信用できないことを意味し、上場廃止の対象となる。

[補説]会計監査人は経営者が作成する内部統制報告書の監査も行うが、これに対する意見不表明は上場廃止の対象とはならない。