《「きさく」とも》「げさく(戯作)」に同じ。

「八文字屋が草紙、其磧 (きせき) 自笑の―多かる中に」〈浮・妾形気・序〉

出典:青空文庫