《「たなぞこ」とも》てのひら。たなごころ。

「軒より雨滴 (あまだれ) を―に受け」〈鉄腸・南洋の大波瀾〉

出典:青空文庫