• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動ハ四]

  1. 字を書く練習をする。習字をする。

    1. 「この二歌は…―・ふ人のはじめにもしける」〈古今・仮名序〉

  1. 心に浮かぶ古歌などを無造作に書き記す。

    1. 「木幡の里に馬はあれどなど、あやしき硯召し出でて、―・ひ給ふ」〈・浮舟〉