• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

いちばん大きい等級。また、物事の程度がそれ以上はないほど大きいこと。「―の地震」「―の賛辞」