• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[副]

  1. はっきりと外に現れるさま。明らかに。「顔に不満の色が―(と)見えた」

  1. まるで現実であるかのようにはっきりと見えるさま。鮮やかに。「なき友の姿が―(と)目に浮かぶ」