[形動][文][ナリ]ほがらか」に同じ。
  • 「其間に旁午 (ぼうご) する玄鳥 (つばくら) の声―に」〈紅葉金色夜叉