• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「春秋左伝」昭公元年から》朝にその日の夕方のことを考えないの意から、先のことを考えない、また、考える余裕がないことをいう。朝に夕べを慮 (おもんぱか) らず。