絶対零度(セ氏零下273.15度)に近い、極めて低い温度。ふつう、ヘリウムの沸点である4K(セ氏零下約268度)以下をいい、0.01K以下をさらに超低温とよぶことがある。超伝導超流動現象などが現れる。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉