• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

watering hole attack》特定の組織や個人に対して行われる標的型攻撃の一。攻撃対象が頻繁に利用するウェブサイトを事前に調査して改竄 (かいざん) し、コンピューターウイルスに感染するよう仕向ける手法をいう。名称は、サバンナなどの水飲み場に集まる動物を猛獣が襲うさまにたとえたもの。水飲み場型サイバー攻撃。たまり場型攻撃。