• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

法師となってから、人柄が俗人のときよりまさってくること。

「なかなか―したる人になむ侍りける」〈・若紫〉