• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. ほのおが吹き出る。激しく燃え出す。「燃料タンクが―・く」

  1. 銃口から弾丸が激しい勢いで飛び出す。「機関銃が―・く」

  1. 内にたまっていたものが表に激しい勢いで出る。「怒りが―・く」

  1. 《かまどの下の火を吹いて炊事をする意から》暮らしを立てる。

    1. 「今はさりとも―・くべき便りなく」〈浮・沖津白波〉