[名・形動ナリ]

  1. まちがいなくそれであること。また、そのさま。

    1. 「今は―の親ざまにもてなして扱ひ聞こえ給ふ」〈・薄雲〉

  1. まったく問題にもならないこと。また、そのさま。論外。

    1. 「―の末に参り給へりし入道の宮に」〈・若菜上〉

  1. まったく劣っていること。どうしようもないこと。また、そのさま。

    1. 「自害をもせで、尼公に属してかひなき命生きんと嘆くこそ―なれ」〈古活字本平治・下〉

  1. はなはだしく身分の低いこと。

    1. 「―の者は手をすりて拝む」〈宇治拾遺・一一〉