薄く広がっている雲。俗に、巻層雲のこと。
源氏物語第19巻の巻名。藤壺の死や、冷泉帝が光源氏を実父と知って譲位の意向を漏らすことなどを描く。