燃えさし。燃え残り。

「空しく―の断骨に相見て」〈紅葉金色夜叉