• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 結核菌が血行により運ばれ、全身の皮膚、特に顔面の組織が破壊されて結節・潰瘍 (かいよう) ・瘢痕 (はんこん) などができる病気。尋常性狼瘡。

  1. 「紅斑性 (こうはんせい) 狼瘡」の略。→エリテマトーデス