• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[枕]

  1. 玉を通す緒の意で、その長短から「長し」「短し」、乱れたり切れたりすることから「思ひ乱る」「絶ゆ」「継ぐ」、玉が並んでいるようすから「間 (あひだ) もおかず」などにかかる。

    1. 「―長き春日を」〈・一九三六〉

    2. 「―絶えたる恋の繁きこのころ」〈・二三六六〉
  1. 魂 (たま) の緒の意から、「現 (うつ) し」「いのち」にかかる。

    1. 「―現し心や年月の行きかはるまで妹に逢はざらむ」〈・二七九二〉