• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

玉を敷き並べる。また、玉を敷いたように美しいようすである。

「―・ける清きなぎさを潮満てば飽かず我行く帰るさに見む」〈・三七〇六〉