• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《縞 (しま) が畝に似ているところから》元禄(1688~1704)ごろに流行した畝刺しの帯。太い糸で凹凸をつけて縫われた布で作る。