水晶体が混濁して視力が低下する病気。瞳孔 (どうこう) が白く見えるので、白そこひともいう。糖尿病や外傷によるもの、先天性のものなどがあるが、老人性のものが多く、手術により視力の回復を図る。

[医学/病気]カテゴリの言葉