【お知らせ】メンテナンスのため、2024年6月25日(火) 10:00~14:00(予定)は「ブックマーク機能」と「難読漢字遊戯」がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。

[名](スル)
  1. ある物の、まっすぐ下。ました。「赤道—」⇔直上

  1. まっすぐにさがること。一直線に落ちること。「急転—」⇔直上

    1. 「冷たい感覚が彼の背筋の真中を、閃くが如くに—した」〈佐藤春夫田園の憂鬱

  1. 自分より下に見ること。見下すこと。また、そのもの。

    1. 「才におごる御心ましませばこそ、御兄法性寺殿を…—とおぼしめされけめ」〈古活字本保元・中〉

[名・形動]《近世語》たやすいこと。また、そのさま。
    1. 「山伏修行といふ物は中々—な事と思ふべからず」〈当風辻談義〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。