磁石の、鉄を引きつける性能の最も強いところ。それぞれ正極負極といい、地球磁場では北に引かれるほうをN(正)極、南に引かれるほうをS(負)極とする。同じ極どうしは反発し、異なる極どうしは引き合う。